舛添氏の愚行から見えること

誰でも政治家になると、カネに汚くなるんですかね。先日、池上彰さんの解説する番組を見ていると、全国に97ある空港のうち、92箇所の空港は赤字ということでした。その赤字を補うために、航空券の料金に上乗せされているらしいです。こうやって解説してもらって初めてわかることがあり、自分がいかに無知・無関心であったかの反省になります。

国民の無知・無関心をいいことに、一度始まったら止まらない公共事業にジャブジャブ金をつぎ込む政治家たち。きわめて日本的と言えますね。一方、庶民の私たちはカードローン審査甘いなんかでお金を借りて、息をしているのもやっとというのに。この差は何なのでしょうか。。

報酬の減額

政治家の給料が高すぎると思う。ボーナスを含めると一般の会社員の平均と比べると破格の額になると思う。その他にも、公共料金でかなり優遇されている面がたくさんあるように思う。公務員平均年収よりもはるかに高い額の支給ではなく、平均的な報酬にしても、尚、政治に関わりたいと思う人こそ、本当の政治家だと思う。政治家が偉いわけでもなく、一般的な会社員が劣っているわけでもない。月給・ボーナス共に、公務員の平均的な収入で政治を行ってほしい。